21031 ブルジュ・ハリファ

データ

  • 場所: アラブ首長国連邦ドバイ、ダウンタウンドバイ
  • 設計者スキッドモア・オーウィングズ & メリルLLP(SOM)
  • 建物の分類: 超高層ビル
  • 素材: 反射ガラス、アルミニウム、テクスチャード加工ステンレス鋼
  • 建築: 強化コンクリートと鉄鋼
  • 建築期間: 2004~2010年
  • 床面積: 46万4,511平方メートル
  • 高さ: 828 m
  • 階数: 160階超

歴史

「垂直都市」とも「現存する不思議」とも呼ばれるブルジュ・ハリファは、ダウンタウンドバイの中心にそびえ立つ、世界一の高さを誇る建物です。 
ドバイを拠点とするエマール・プロパティーズが開発したブルジュ・ハリファは、技術、工学、きめ細やかな職人技が見事なまでに融合したドバイのほこり高きシンボルとして、砂漠の中に悠然と浮かび上がります。

高さ828メートル、通常のビルなら200階建てに相当するブルジュ・ハリファは地上160階に達する居住空間を持つ世界に類を見ない建物です。2010年1月4日と、奇しくもUAE副大統領兼首相ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームドバイ首長即位4周年記念日にオープンしました。

ほぼ間違いなく、世界有数の建設プロジェクトであるブルジュ・ハリファは、数々の世界初の称号を持ちます。タワー部分は、2004年1月に掘削作業開始後、わずか1325日で、人類が建造した世界最高の構造物となりました。

建築家

ジョン・ナッシュ(1752 - 1835)
ジョン・ナッシュはタウンハウスを王族の宮殿に改装する任務を与えられました。そこで既存の建物を2倍の大きさにして、新しい棟を2つ加え、バスストーンで構造全体をおおいました。ところが、建築上の傑作と広く認められながらも、建設コストはまもなく青天井にふくらんでいきました。ナッシュは結局役目から解任され、正式に再委託を受けることはありませんでした。

エドワード・ブロア(1787 – 1879)
ナッシュが着手した作業の完成を請け負ったのがエドワード・ブロアでした。また、ヴィクトリア女王治世下の1841年に宮殿の拡張工事の設計者として指名されたのも彼でした。ブロアは、宮殿のメインフロアに屋根裏階を加え、東正面棟にかの有名なファサードとバルコニーを新設しました。

アストン・ウェッブ卿(1849 – 1930)
1913年、国王ジョージ5世はアストン・ウェッブ卿に建物のファサードの改築と修理を依頼します。ロンドン生まれの著名建築家、ウェッブ卿は、宮殿の建物を現在の形に改築し、ポートランド・ストーンで建物をおおいました。
商品をくわしく見る