21012 シドニー・オペラハウス

  • この商品は製造を打ち切りました

データ

  • 設計者: ヨーン・ウツソン
  • 建物の工法: コンクリート骨組、プレキャストコンクリートのリブ屋根にセラミックタイルを使用、土台に花崗岩のクラディング
  • 建物の土地占有面積: 1.8 ヘクタール(4.5 エーカー
  • 高さ: 67 メートル / 220 フィート
  • 所在地: オーストラリア、ニューサウスウェールズ州シドニー、ベネロング・ポイント
  • 建築材料: コンクリート、セラミック、花崗岩、青銅、ガラス
  • 様式: 表現主義
  • 建築期間: 1959~1973 年

歴史

シドニー・オペラハウスは現代建築の傑作であり、20世紀を象徴する建築物です。世界的に高く評価されており、オーストラリア国民にとってほこれる宝となっています。オペラハウスはデンマーク出身の若き建築家、ヨーン・ウツソン(1918~2008年)が設計しました。彼はシドニー湾のすばらしい情景を背にするこの場所の可能性を理解していました。

建物は3つの貝殻が組み合わさった構造になっていて、海風にあおられてふくらんだヨットの帆のように見えます。建物は巨大な階段状の土台の上に建てられ、平らな散歩道が周囲を囲んでいます。

シドニー・オペラハウスの建設の規模はばく大でした。30 000立方メートルを超える岩や土壌が現場から取りのぞかれました。屋根の建築には世界有数の技術と職人技が結集しましたが、かつてないほど困難を極める工事になりました。

1973年の開業以来、4500万人以上の人々が100 000以上の公演に来場しており、オペラハウスの観光者数は推定で1億人を優に超えます。

建築家

ヨーン・ウツソンは1918年4月9日、デンマークのコペンハーゲンで生まれ、1942年にコペンハーゲンのロイヤル・アカデミーで建築の学位を取得しました。スウェーデンとフィンランドで働いた後、ウッソンは助成金を得て、アメリカでしばらく暮らします。ここで出会ったのが、ミース・ファン・デル・ローエ、チャールズ・イームズ夫妻など、当時最も影響力のある建築家たちでした。

1956年、ウッソンはシドニー・オペラハウスの設計案をニューサウスウェールズ州政府に提出します。そしてそのデザインが見事採用されると、だれよりも驚いたのは彼自身でした。その複雑な構造ゆえ、工期は大幅に遅れ、費用もかさみました。結果、完成を見ずにウッソンはプロジェクトを去ったのです。

1999年、今後発生する建物の修正やデザインの変更について、ウッソンは指南役として参加する契約に合意しました。シドニー・オペラハウスは2007年に世界遺産に登録されています。専門家は次のように評価しています:“…シドニー・オペラハウスは、人類の創造的才能を表現する傑作であることに疑いの余地がない。これは20世紀においてのみならず、人類の歴史においてである。”

参照文献 出典:シドニー・オペラハウス 写真提供:シドニー・オペラハウス Michael Moy State Records NSW Max Dupain and Associates Ralph Alfonso

ブックレットをダウンロード