21005 カウフマンズ邸・落水荘®

  • この商品は製造を打ち切りました

データ

  • 設計者:フランク・ロイド・ライト
  • 建物の分類:別荘
  • 建物の工法:鉄筋コンクリート、ライムストーンの鼻隠し
  • 費用:155.000ドル

歴史

フランク・ロイド・ライトが落水荘の設計案を出すと、だれもがその斬新さに驚きました。別荘を土地に流れる滝のそばに建てず、その上に建てることで、滝を視界から消してしまうのです。滝を眺めるのではなく、その音を聞くことで自然がより身近に感じられ、自然がすっかり生活に溶けこむというのが彼の意見でした。

ライトは自然の中にある形を設計に生かしました。砂岩でつくられた壁がまるで岩棚のようになっていて、家そのものが流れ落ちる滝の上を舞い上がっているように見えます。
そして岩棚から突き出たようなバルコニーが印象的です。部屋はそれぞれ外のテラスに隣接していて、まわりの木々に手が届くかのようです。

その土地の砂岩を使用し、その土地の職人の手によって建設された大胆で画期的な別荘は、1938年にタイム誌の表紙をかざると、またたく間に有名になりました。今では世界で最も有名な個人の邸宅となっています。

設計者および所有者

実業家として成功したエドガー・カウフマン・シニアは、自然を愛する家庭的な男性でした。彼はアメリカのペンシルバニア州ファイエット郡にある、ベアー・ランという町に土地を所有していました。1935年、彼はこの土地に家族のための新しい別荘を建てようと考えます。そこで息子のエドガー・ジュニアはある建築家に依頼することを提案します。でこぼこした地形に最適な家を設計できるのはこの人物だと確信していたのです。

フランク・ロイド・ライト(1867~1959年)は20世紀を代表する建築家のひとりとして、世界にその名が知られています。新しい技術や素材をたくみに取り入れ、デザインと建築工学に革新をもたらした彼の作品は、新たな建築手法の先駆けとなりました。顧客が自然や渓流に深い愛着を持っていたことを十分に理解していたライトは、周囲の環境にとけこむ有機的な家を設計し、顧客の信頼を得たのです。

フランク・ロイド・ライトの落水荘ほど、人を引きつける建築物はないでしょう。ライトの有機的建築の思想から生まれた独特のスタイルは、建物と風景の調和を見事に表現しています。

参照文献くわしい情報については次のリンクにアクセスしてください: www.franklloydwright.orgフランク・ロイド・ライトの氏名および肖像のパブリシティ権は Frank Lloyd Wright Foundation(アリゾナ州スコッツデール、Taliesin West) に帰属します。フランク・ロイド・ライト、フランク・ロイド・ライトの署名、フランク・ロイド・ライト・コレクションのロゴ、公認の商品ロゴ(長方形のロゴ)は、Frank Lloyd Wright Foundation の登録商標です。フランク・ロイド・ライトの図面および設計の著作権は Frank Lloyd Wright Foundation に帰属します。