21004 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館

  • この商品は製造を打ち切りました

データ

  • 設計者: フランク・ロイド・ライト
  • 建物の分類: 美術館
  • 建物の工法: 鉄筋コンクリート
  • 高さ: 92 フィート
  • 所在地: アメリカ合衆国、ニューヨーク州ニューヨーク市
  • 建築材料: アルミニウム、鋼鉄、コンクリート、ガラス
  • 建築期間: 1943~1959年

歴史

グッゲンハイム美術館は5番街沿いの88丁目と89丁目の間にありますが、たんにこの場所を選んだわけではありません。セントラル・パークに近く、ニューヨークにいながらにして自然を満喫できることが重要だったのです。この場所が都会の喧噪をはなれ、安らぎを与えてくれるのです。

自然によってつかの間の休息が得られるだけでなく、さまざまなインスピレーションもふくらみます。グッゲンハイム美術館はフランク・ロイド・ライトが提唱した有機的建築の発想を具現化したものなのです。

特徴は自然との融合だけではありません。ライトのデザインはモダニズム建築特有の幾何学的な構成も再現しています。建物の中では三角形、楕円形、弧、円、四角形が見事に調和しています。

ライトは美術館を設計するにあたって、相互につながった部屋を通りぬけていく従来の美術館の方式をなくしました。代わりに、エレベーターで最上階まで行き、なめらかなスロープを心地よいペースで下りながら作品を鑑賞する方式をとったのです。開放感のあるらせん状のスロープによって、異なる階からでも複数の作品を同時に鑑賞できるユニークな構造になっています。

グッゲンハイムの収蔵品の中でも、建物そのものが最も重要な作品だと言われています。
参照文献 くわしい情報については次のリンクにアクセスしてください: www.franklloydwright.org フランク・ロイド・ライトの氏名および肖像のパブリシティ権は Frank Lloyd Wright Foundation(アリゾナ州スコッツデール、Taliesin West) に帰属します。フランク・ロイド・ライト、フランク・ロイド・ライトの署名、フランク・ロイド・ライト・コレクションのロゴ、公認の商品ロゴ(長方形のロゴ)は、Frank Lloyd Wright Foundation の登録商標です。フランク・ロイド・ライトの図面および設計の著作権は Frank Lloyd Wright Foundation に帰属します。

建築家

1943年6月、ソロモン・R・グッゲンハイムの美術顧問、ヒラ・リベイは新しい建物の設計をフランク・ロイド・ライトに依頼します。それは現代美術を集めたグッゲンハイムの美術館で、開館からまだ4年しか経っていませんでした。グッゲンハイムは収集した絵画と同じくらい画期的な建築を望みました。

プロジェクトは複雑さを極め、ライトはクライアントのみならず、市の職員や美術界、世論と論争をくり広げることになります。ライトの設計が美術館として再現されるまでに、実に15年の歳月が流れました。ライトが描いたスケッチは700枚に、完成させた施工図も7組におよびます。そしてソロモン・R・グッゲンハイム美術館は1959年、ついに開業したのです。しかしグッゲンハイムもライトもすでに世を去った後でした。

間違いなくアメリカで最も偉大であり、世界的にも最も才能豊かな建築家であるフランク・ロイド・ライトは、みなぎる情熱の持ち主でもありました。74年以上にわたるキャリアの中で900以上の作品や20冊近い著書を残し、寄稿やスピーチも数多くこなしました。

彼にはグッゲンハイム美術館のあるべき姿がはっきりとわかっていました:“「美術館は下から上まで、周囲をぐるりと見回しても、すみずみまで均整の取れた空間であるべきです。突然の変化に遭遇するのではなく、海岸で一続きの波に目をやるように、ゆっくりと作品をながめるのがいいのです。」

参照文献 くわしい情報については次のリンクにアクセスしてください: www.franklloydwright.org フランク・ロイド・ライトの氏名および肖像のパブリシティ権は Frank Lloyd Wright Foundation(アリゾナ州スコッツデール、Taliesin West) に帰属します。フランク・ロイド・ライト、フランク・ロイド・ライトの署名、フランク・ロイド・ライト・コレクションのロゴ、公認の商品ロゴ(長方形のロゴ)は、Frank Lloyd Wright Foundation の登録商標です。フランク・ロイド・ライトの図面および設計の著作権は Frank Lloyd Wright Foundation に帰属します。

ブックレットをダウンロード