バイカー・ピッグ

バイカー・ピッグは若い頃、あちこちの村を転々としながら、毎日何とか食べ物にありつくようなびんぼうぐらしをしていたってうわさだ。 もしかしたらそのうわさは、ドラマチックに思わせるように自分で流したのかも。毎朝りっぱなひげをそわそわと上唇にくっつけながらさ。 ホントかウソかはともかく、バードたちは、このマッチョなブタが夕日に向かって走り去っていくとほっとするんだよね。