プルバックカーの組立とレース

今年、レゴは第二世代のテクニック・プルバックレースカーを発売しました。ブラックチャンピオンレーサー(42026) と砂漠レーサー(42027) の2台です。デザイナーのAurelienは、ブラックチャンピオンと両方のレーサーを使ったコンビモデルに関わっています.

Aurelien、昨年発表した第一世代のテクニック・プルバックカーは、クラッシックなプルバック・レーシングカーでしたが、新しく登場したテクニック・レースカーは、これらとどう違いますか?

新しいモデルも(いつも同様)本物のレースカーにできるだけ近づけていますが、今年のモデルでは主に次の2つの点を改善させました:

  1. シンプルな設計にして、極めて簡単に組み立てられるようにした。すぐにレースを始められます!
  2. テクニックエレメントの影響でこのうえなく頑丈な作りとなった。いったん後ろに引いたら前進する以外、砂漠レーサーのフックとワイヤが唯一の機能です。余分な装飾は一切有りません!

レースする際の秘訣を教えてください?
誰でもお気に入りのレースコースがあるでしょうから、一番突拍子もないアイデアを試すことが大事だと思います。必ず周りの人にきちんと注意を促し、コース上の貴重品を移動させて安全を確保しましょう!開発チームは、個々のレーシングカーとコンビ型レーシングカーの両方の新型レーサーに対して、考え得るあらゆる方法で衝突試験を行いました。試験は、テーブルトップ、坂、でこぼこ道、ハーフループ、果ては2続きの階段まで、あらゆるタイプの路面で行われました!車輪やスポイラーなどのエレメントが脱落しても、わずか数秒で装着し直してレースに戻ることができます.

1つだけ注意すべき点を挙げると、ブラックチャンピオンレーサーは粗い路面に適さないということです。車体が非常に低いため、粗い路面に強く押し付けると、底部が傷つく危険性があります.

レースに勝つのはどちらの車でしょう?
理論的には、どちらの車の走行スピードも同じです。同じタイプのプルバックモーターが装備されていますから。ただ、この質問の答えは、テクニックカーを組み立てる全員が試して見つけるべきでしょう!

レースカーを改造して、走行速度を上げることはできますか?
もちろん。単に別のレースコースを組み立てる以外にも以下のようないろいろな方法を試すことができます.

  • デザインを変更して、エレメントを追加すると走りにどんな影響が出るかを確認します。車の重量を重くすると何が起きるでしょう?
  • プルバックモーターをまっすぐ、または角度をつけて配置した場合、どちらのほうがスピードが出るかを確認します.
  • タイヤを交換するとどうなるでしょうか?大きいタイヤと小さいタイヤで、車の走行速度や距離を比べます。コンビモデルでは、両方のモデルのタイヤを使うので、その位置を変えるとどうなるでしょうか?車軸が複数の場合、全部の車輪が路面に接しているかを確認しましょう.
  • スポイラーの角度に応じて、どんな変化が生じるかも試すことができます.

頭に浮かぶどんなアイデアや理論でも、すぐ試して、結果を確認しましょう!どんな実験の時にも、車上に組み立てたものが車輪に絡まないよう、注意しましょう。レゴのギャラリーで皆さんの独創的なレーシングカーをお待ちしています.